2013年06月22日

宝塚記念

まあ、自営業だった私が腐った会社とはいえ一部上場企業で働いていれば、忙しいのは仕方ない。
異例中の異例で中途入社したから。
腐った会社だったので普通にバイトしていたら年間契約の依頼があった。
が断った。
はっきり言って会社が腐っているから。でかかろうと何だろうと腐っているものは腐っている。

それが3年前かな。
が、腐った会社を変えてくれという殺し文句で正規雇用となったが運のつき忙しすぎる。
それでも競馬がんばってきたが、もはや以前のレベルで精査できなくなった。
プロではないが、ずっと責任感を持って闘ってきた。
それができなくなったと土曜日に思った。
的中率とか回収率ではなく、もう自分が理論の検証をできていない。
指数のミカタは渾身のブログで理論だが、もはやこれまでと思う。


□宝塚記念
理論馬不在、あえていえば3番フェノーメノと11番ジェンティルドンナ。
指数的に高いのは内から4,5,8,10
まあ高いといっても他も差はなが。
減点ない馬は軸馬、11番、8番。
3−11,8−総流し
でいきますかね。

posted by R-uwadumi at 23:12| 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。